ワキガと多汗症の違いと効果について紹介しています。

ワキガと多汗症の違いとは

ワキガと多汗症の違い

ワキから発生するニオイには多汗症とワキガの両方がありますが、どちらも同じ場所から発生するニオイなので混同してしまっているというひとも結構多いです。

 

ただどちらも関連性はありますが、症状としては別物なので治す際には混同しないようにすることが大事になってきます。

 

特に海外では明確に違いがあり、欧米とかではワキガは普通のことであまり気にされていません。理由は簡単でワキガの人が多数派の社会だからです。しかし多汗症などの汗のニオイについてはマナー違反として嫌われる傾向があるので、欧米ではワキガよりも多汗症が深刻な問題になっています。

 

またワキガと多汗症は発生源も違っており、ワキガの場合はアポクリン汗腺と呼ばれる所からの汗が問題になっていますが、多汗症の場合にはエクリン汗腺からの汗が問題になります。

 

ちなみにエクリン汗腺から分泌される汗にはニオイはないとされています。

 

このようにどちらもまったく関係がないように見えますが、ワキガと多汗症の両方を発症していると言う人もいます。その場合はどうなのでしょうか。

ワキガと多汗症の両方が発症しているケース

両方発症

ワキガと多汗症の両方が発症してしまっているケースというのは意外と珍しくないことです。ワキガの場合は遺伝的な要因が強いですが、多汗症は後天的でストレスなどによって発症するケースがあります。

 

ワキガと多汗症は発生源は違いますが、症状が相乗効果によってニオイがさらに強くなるケースがあります。ワキガのニオイが多汗症による大量の汗によって分散されてしまってニオイが広範囲に広がるようになってしまいます。

 

さらに汗が雑菌で分解されていると、本来はニオイがない普通の汗もにおいを発するようになってしまうのでさらに厄介なことになってしまいます。そういった意味でも、もしワキガと多汗症が併発している場合には片方を治すだけでもかなりにおいが改善されると思います。

 

では具体的にどうやって改善すればいいかですが、まずはトップページに載せているワキガ対策商品を参考にしてみるといいです。ワキガだけでなく臭い対策に非常に優れている商品なので体臭のことで悩んでいるなら試してみる価値は十分にあると思います。